さかろぐ

日々の関心事や、投資など

家にこもってNスペを見る

家にこもっていた日曜日。日中は窓を開けたままでも過ごせるくらいの陽気だった。日光浴と、マスクを外して深呼吸。

 

NHKプラスに登録した。きのうのNHKスペシャルを見逃したため。クラスター対策班の特集をしていた。

 

これからの医療崩壊は避けられないという印象。人が足りないのだな。クラスターが生じても対応しきれない。

 

一時期まではクラスターの件数が少なかった。

 

www3.nhk.or.jp

 

2020年3月15日時点で、クラスターは全国で15件。

 

www.mhlw.go.jp

 

2020年3月31日時点の『全国クラスターマップ』が公開されている。全国で26件。今の感覚からすると、とても少ない。それだけ増加速度が早いということだと思う。その後は更新されていない。

 

最近のニュースでは、院内感染や福祉施設での集団感染のケースも増えている。

 

きつい状況だけれど、西浦さんには今の現状をこらえた後、再びクラスター対策でやっていけるイメージも見えているのだろう。しばらくは感染者数は増加し続けるだろう。その後どうなるか。

 

先は長いので、対策班のみなさんもちゃんと寝て、休んでほしい。栄養もとってほしい。家に居ましょう。

8割おじさんと自己防衛おじさん

カミュ『ペスト』を読み始めた。100分で名著の再放送も録画してある。読み終えたら見よう。

 

 

パオロ・ジョルダーノの無料公開記事も、さらさらと読んでみた。

 

指数関数的、非線形的にウイルスは増殖する。人間の認識は線形的なので、それについていけない。確かにそうだなと思う。近づくときはあっという間だろう。

 

日本の動きはやっぱり遅すぎるのだろう。ミクロなレベルで、身の回りのことをするしかない。マクロの話は8割おじさんに任せて、ひとりひとりが自己防衛おじさんになろう。

 

PCR検査について調べた

昨日とは別のスーパーへ行った。レジ前にビニールシートでスクリーンが張られている。店員さんはマスクだけでなく、手袋もしている。マイカゴを持っていっても、店員さんはカゴに商品を入れてくれない。変化が早い。

 

PCR検査について把握してなかったので、すこし調べてみた。

 

news.yahoo.co.jp

 

PCR検査」のPCRはPolymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の頭文字をとったもので、微量のDNA断片を増幅して検出する方法である。 

 

PCR検査は、現在ウイルスが体内に存在しているのか(感染しているのか)を調べることができる。これに対して抗体検査は、過去に感染したことがあるのかや、現在の感染の状態(感染初期なのか、感染してかた時間が経過しているのか)、ウイルスに抵抗する能力(抗体)をすでに獲得しているのか(人にうつしにくいのか)を調べることができる。 

 

一般的に言えることは、PCR検査は、抗体検査(検査キット)よりも精度が高いことがメリットである。

抗体検査(検査キット)は、精度は劣るが「すでに感染した。」「ウイルスに対する抗体を獲得している。」ということ・・・つまり、「今後感染し重症化する可能性がない」「他の人に感染させる可能性がない」ことを知ることが出来るため、それらの不安を解消することができる。

 

コロナウィルスはRNAウィルスなので、PCR検査ではRNAをDNAに復元(逆転写)してからそれを増幅させる。検体にコロナウィルスが含まれているかを知るための検査となる。

 

www.mhlw.go.jp

 

問4 PCR実施ができる場所や費用、結果が出るまでの期間を教えてください。


渡航歴や患者との接触歴などから、都道府県が必要と判断した場合に検査が行われます。このような場合は、検査自体の費用は不要です。結果が判明するまでの期間は状況によりますが、1日から数日かかります。

 

厚労省のサイトより。PCR検査に費用はかからないのでご安心を。

使い捨てマスクを洗って使った

スーパーのレジ前、床にテープが貼られていた。前の人と距離をとってください、というポップも。

 

それでも、ふだんの会話はしばしば距離が近い。久しぶりに顔を合わせる人たちなど、様子を見てると近いなと思う。気がついたら離れるように、自分ではしている。

 

換気したり席を離したり工夫できるところは変えても、同じ空間にいると接触は増える。近づきやすいところを自然と見つけて、小さな会話の輪ができたり。そもそも会わないようにしないと、感染を抑えるのはやっぱり難しいのだろう。

 

使い捨てマスクを洗って再利用したけど、特に問題ない。そもそも、機能的にはあまり期待していないので。ネットに入れて洗濯機でそのまま洗っている。

うがいのやり方を調べた

コミックDAYSで『ブルーピリオド』が一部無料公開されてる。藝大一次受かったところと、入学後に落ち込むところ。熱い。

 

www.msn.com

 

「集団行動が基本の自衛隊では1人が感染症に罹患すれば、部隊の任務自体が行なえなくなってしまう。そのため、入隊後に教育隊から教えられる基本動作の中に手洗い・うがいの励行があります。その結果、手洗い・うがいをきっちりやる習慣が身につくのです」

 手洗いの励行は、部隊生活の日常にも及ぶ。

「トイレや洗面所に『手洗いの仕方』を解説する貼り紙を出しているところもあります。それも、小便器の前だけでなく、個室に座ったときの正面にも張られていたりする。用を足すときに必ず目に入るよう指示の徹底化を図ります」(前出・自衛隊OB) 

 

手洗いは念入りにするようになった。うがいはあまりしてない。やり方を調べてみた。

 

weathernews.jp

 

うがいの効果について。うがいをしない群と比べて、水うがいをする群は風邪の発症率が40%減った。口内や喉のウィルスを洗い流す効果だけでなく、のどの粘膜に生えている線毛の働きを活性化すると考えられている。

 

うがいの正しいやり方は、以下のとおり。

 

「うがいのコツは、まず『ブクブク』と口をゆすいでから、のどの奥で『ガラガラ』を繰り返すことです」(吉田院長)

(1)口に水を含み、少し強めに「ブクブク」と口の中をゆすいで吐き出す

(2)口に水を含んで上を向き、約15秒のどの奥まで「ガラガラ」とうがいをして吐き出す

(3)もういちど「ガラガラ」うがいを約15秒して完了

最初にのどの奥で「ガラガラ」うがいするのではなく、まず口のなかをゆすぐのは、口の中にあるさまざまな菌を排出させることが目的だと言います。

 

ガラガラうがいを15秒、けっこう長い。のどがすっきりする。水が飛びそうだから、共用スペースでは注意が必要。カップなどは離れたところに置いたほうがいいだろう。